お茶の山へ――福建お茶の旅

2003年12月23日―2004年1月4日

あるとき、私がお兄ちゃんと信奉している、ある香港人が言いました。
「お茶の山、行きますか?」

お茶の産地で生まれた私にとって、別にお茶マニアというわけではないけど、中国のお茶の山って何だろうと興味がありました。
そんなわけで、かねてからの約束になっていた、香港のお兄ちゃんの福建の家に遊びに行く機会を利用して、華南地域をめぐる旅をしました。
かつて、上海を見て回ったときとはまた違う、この地域の多様性と意外な一面をたくさん見ることができたなと思います。

香港編

2003年12月23日―12月25日
尖沙咀、上環、西貢

福建編

2003年12月26日―12月30日
南安、安渓、大田

珠江デルタ編

2003年12月31日―2004年1月4日
東莞、肇慶、深セン、中山、珠海

日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com