中台両岸横断の旅

2005年1月1日

中国大陸&香港編 | 台湾編 | 香港乗り継ぎ
台北(12月31日) | 金門島(1月1日) | 台北(1月2日―3日) | 高雄(1月4日―5日) | 台南(1月6日) | 高雄(1月7日)

早朝に松山空港。ここは国内線の空港だよ。
私は電車を乗り継いでいきたかったが、女性一人だったらタクシーにしろと言われたので空港までタクシーで来た。結局、物すごく早く到着してしまったんだよね。
松江空港外で本日一緒に遊ぶJ氏を待つ。結構寒い。そして、これからもっと寒いところに行こうとしているので、いささか不安なのだ。
チェックインして、二階に移動する。さながら日本の地方空港みたいな感じで、台湾って小さい国なんだなと認識するばかりだ。
オレオレ詐欺注意の注意喚起の看板が出ている。
これについてはブログで話題をつくったので、興味があったらそちらを見てね。
二階から一階を見おろすとこんな感じ。とても小ぢんまりしているので、台湾の国内航空産業はそんなに規模がないのかなと思ってしまう。どうなんだろう。
中国のようなイミグレみたいな仕掛けはなく、あっけなく搭乗ゲートを探す。
さっきまでの狭さは一体なんだろうというぐらい広い。
飛行機が来た!けど、小さい。数日前に乗った飛行機の大きさなんて比較にならないぐらい小さくて、今まで私が乗った飛行機の中でも一番小さいものとなった。
お正月、とてもきれいな空、ことしはいい一年になりそうな気がしてくる。
見えてくる小金門。金門島には幾つかの島があって、そのうちの一つのようです。
金門島にあっけなく到着。飛行機をおりて、空港の建物へ。
乗ってきた飛行機をもう一度撮影する。
向こう側に兵士が見えていて、何か金門に来たなという雰囲気。
出口を出て、いよいよ金門島観光が始まる。
 

中台両岸横断の旅 日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com