中台両岸横断の旅

2005年1月1日

中国大陸&香港編 | 台湾編 | 香港乗り継ぎ
台北(12月31日) | 金門島(1月1日) | 台北(1月2日―3日) | 高雄(1月4日―5日) | 台南(1月6日) | 高雄(1月7日)

訓練施設みたいなものを見る。実際にはこれは何なのかはよくわからない。
入口のところには戦車が並んでいる。戦車を生まれて初めてこんなに間近で見るんだけど、何か見覚えがあるような気がして違和感がないことが不思議だ。
入口のところは壁になっていて、この先がどうなっているかは、中に入らないとわからない。
正面のマークは個人的にはサンバルカンみたい!と思ってしまうマーク。国民党の旗のマーク、台湾国旗のマークだよ。
中に入ると意外に広い。軍事関係の建物がところどころに建っている。
茂みでカムフラージュしているけど、大きな拠点。
普通に建物はあるといっても、それはこうやって迷彩柄に塗ってある。
(上)(右)入口は見えにくいところにある。
厨房みたいなところ。
地形の傾斜を利用して、うまく拠点をつくっている。
左側の拠点を別のアングルから見ると、これは物すごく広い場所だということに気がつく。
(左)三角形の図形が二つ並んでいるけど、これは金門の部隊だというマークであって、三角形の辺のところどころに切れ目が入ったり数字が入ったりしているんたりして、しかも、これを見れば、この部隊がどこに所属しているなんなのかということが認識できるらしい。

中台両岸横断の旅 日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com