中台両岸横断の旅

2005年1月2日

中国大陸&香港編 | 台湾編 | 香港乗り継ぎ
台北(12月31日) | 金門島(1月1日) | 台北(1月2日―3日) | 高雄(1月4日―5日) | 台南(1月6日) | 高雄(1月7日)

(上)紅毛城に行こうと思ったのだけど、入口は閉ざされていて、そこには張り紙がある。
(右)私がすごいと思ったのは、この通知の日本語の正確さだよ。どうしてここまで完璧なのか、不愉快じゃないのか、中国大陸ではあり得ないものを目撃したので一枚。
修復工事というんだけど、修復工事をやっている様子は見られないんだよね。だったら、見せてくれればいいのにと思いながら、ひとまず屋根だけ見えるので屋根だけ撮影する。
魚人碼頭まで行こうということで、そちらの方向へ歩き始める。左側に観音山を臨める。
こうやって歩いていくのだが、目的地らしき葉全然見えず、結構遠いような気がした。いずれにしても楽しい散歩ではある。
振り向くと紅毛城が見える。城といってもこうやってみると赤いれんがの洋館という感じに見えなくもない。
観音山がしっかり見える。ますます岩木山に似てきたと私は思うけど、そんなことを言う人はだれもいないだろうね。
向こう側に海軍の基地が見えてくる。観光地だけど、軍事施設も近いのね。
海軍施設の近くの道路上にある、ここも軍事施設入口らしいね。
歩いていくと、そのまま軍事施設の方に行ける。
船4隻、イスラエル製の船らしい。
またまた歩いていくと、今度は台湾海兵隊の施設の入口。
向こう側に海軍施設。
歩いていくと、いろいろ軍事施設が炸裂するのだが、肝心の観光施設はまだ見えてこない。
   

中台両岸横断の旅 日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com