中台両岸横断の旅

2005年1月2日

中国大陸&香港編 | 台湾編 | 香港乗り継ぎ
台北(12月31日) | 金門島(1月1日) | 台北(1月2日―3日) | 高雄(1月4日―5日) | 台南(1月6日) | 高雄(1月7日)

屋台。屋根のような網のようなものがついている。日本と売っているものとは若干違っているので、何を買えばいいのかわからない。
これは食べるところ。ここの場所はかなり整備されているのね。
卓上ごみ挟み。ごみが挟まっていなければ、伝票置き場かナプキン置き場のようにしか見えないよね。
ブログにも書いたので、興味があったら見てね。「台湾の飲食店の卓上ごみ挟み
さっきまで歩いてきた対岸を見る。川岸が妙に広い。
ちゃんと砂浜みたいなのもあって安心した。さっきは沼地というかぬかるみしか見えなかったからね。
こっちにも川沿いにお店があるんだけど、さっきよりももっとおしゃれな感じがする。デートで選ばれるのはこっちなのかな。いずれにしても、私は向こう岸の方が好きだな。
商店街のようなところを横切る。
祖廟。ここは航海安全を祈るものみたいで、女性の神様を祭っているみたいだ。
こういうところを撮影するのはどうかとは思うけど、内部はこんな感じでいろいろ神様がいる。
バスで關渡駅まで。そこから市内に戻ろうとしているところ。
そのまま中正紀念堂駅に到着。こういうホームのつくり方はシンガポールみたいだなと思う。
改札を出て、地上に上がって、中正紀念堂を見ようと思っているところ。

中台両岸横断の旅 日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com