中台両岸横断の旅

2005年1月2日

中国大陸&香港編 | 台湾編 | 香港乗り継ぎ
台北(12月31日) | 金門島(1月1日) | 台北(1月2日―3日) | 高雄(1月4日―5日) | 台南(1月6日) | 高雄(1月7日)

中正紀念堂を出たところ。杭州南路の路上駐車の様子。ここは路肩に駐車できるように道ができているんだね。
信義路を横切る。こうやってみると、右側通行だということ以外ではどこが違うんだろうという景色。
信義線の捷運工事中。
地下鉄工事が続いていると、そこは迂回しないといけないから、渋滞するらしいね。以前はもっと深刻だったらしいよ。
信義路を歩いて永康街へと向かっている。
こういうオープンスタイルというのか、屋台がでかくなっている形の店鋪というのは、日本では余り見ないね。
永康街を歩く。ここはガイドブックでもよく紹介されている外国人向けの観光地でもある。
屋台というよりも固定の店が続く。
私は赤や金は余り好きじゃないんだけど、この宝船はかわいいので好き。
永康街は終わりで、また細かい道を進む。
台湾師範大学のキャンパスを横切る。こういうところへ留学するチャンスがあれば、あればと願うだけで、現実にはそれはかないそうもない夢にもならない寂しい現実に絶望する。
師大夜市。別に観光地じゃなくて、飲食屋台が集まってそこに人が集うという不思議なスタイル。
屋台の数、道の広さなどで規模は大きくはないけど、このぐらいで私は十分楽しいと思った。
こういうところで学生さんは食事をするのかも寝。屋台はしばらく続くんだけど、それを突き抜けて、羅斯福路から台湾大学へと向かう。
キャンパス内はかなり暗くて、これは暗やみでやりたい放題だろうと思ったりした。治安が怖いね。
キャンパスを見ると、それは私の母校よりもはるかに広い大学の規模でうらやましくもあるけど、移動が面倒そう。
台湾大学の地図。きょうは暗かったので余り細かく見ずに、お散歩はこれでおしまい。

中台両岸横断の旅 日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com