中台両岸横断の旅

2005年1月5日

中国大陸&香港編 | 台湾編 | 香港乗り継ぎ
台北(12月31日) | 金門島(1月1日) | 台北(1月2日―3日) | 高雄(1月4日―5日) | 台南(1月6日) | 高雄(1月7日)

左營蓮池潭にある龍虎塔というもの。中華風な楼閣と正面に龍と虎が口をあけているという造形物がマッチしている、数ある観光地の中でも確実に異彩を放っているものだろうね。
(上)水上にあるので、橋をわたっていくんだけど、こういうかくかくしていていてくねくねさせるのは中華の特徴なのかな。
(右)龍の口から入って虎の口から入るというのがお決まりなので、まず龍へと思ったのだが、一緒に行った高雄人はその点を全く把握していなかった。
(左)龍の楼閣から虎の楼閣を見ているところ。勢いで上がったけど、結構疲れた。
(上)湖を臨む眺望。向こう側にまた別の変な建物が見えている。
内部はこんならせん階段になっていて、最上階までは行けなかったけど、上に上がれるのだ。
(上)龍から虎に移動中。龍と虎を裏から見ると、こんな感じ。
(右)こちらは虎の楼閣。さすがに類似の楼閣2塔だと、一つは登る気がなくなる。
出口へ向かう。つまり、虎の口の中。
(上)口の中には壁画があるんだけど、確たることはわからない。多分、大昔の賢人とかが描かれているんじゃないかとのこと。
(右)虎の口から出る。龍にしても、虎にしても、何か妙に愛らしい顔をしていて憎めないところがこの施設のポイントだろうと思う。
龍虎塔を見終わったあとは、次なる見物先へと――というか、向こう側に見えている別の水上の楼閣を見に行く。

中台両岸横断の旅 日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com