中台両岸横断の旅

2005年1月6日

中国大陸&香港編 | 台湾編 | 香港乗り継ぎ
台北(12月31日) | 金門島(1月1日) | 台北(1月2日―3日) | 高雄(1月4日―5日) | 台南(1月6日) | 高雄(1月7日)

(上)向かって左側にある文昌閣。普通の建物というわけではなくて、少し軍事的な要塞になるようないろいろな仕掛けが施されているようだ。
(右)まず海神廟から見る。その入り口
友達の好意でここの紹介をしてくれるPDAを借りてもらえたんだけど、相当詳しく説明し過ぎていて、まあ、確かに説明は欲しかったけど、ここまでは要らないというニーズの場合はどうすればいい?と思った。
こうやって井戸みたいなのがあったけど、井戸のうちの幾つかは隠し通路だったみたいだよ。
反対側のバルコニーみたいなところに来ている。周辺は住宅地が密集しているため、景観はなし。
内部はこんなふうに展示物が並んでいる。
これも井戸。海神廟と文昌閣の間はこんなすき間。
ポロビデンシャ城遺構。かつて台湾にいたオランダ人が建てたのが赤嵌楼の前身のようだ。
文昌閣入り口。
中には筆を持っている像が一つ。その像か筆か、それはかなり古いものだったはず――どっちか忘れてしまいました。学問に御利益があるよう。
横に置いてある絵馬みたいなもの?。台湾では祖廟ではこういう形のものを見なかったので、一枚。

中台両岸横断の旅 日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com