中台両岸横断の旅

2004年12月25日

中国大陸&香港編 | 台湾編 | 香港乗り継ぎ
深セン(12月24日―25日) |
長沙(12月26日―27日) | 香港(12月29日―30日)
  • 12月24日 香港から電車で国境越え
  • 12月25日 その1 卸売市場で買い物&工場へ
  • 12月25日 その2 工場見学&工場近所のマーケット

工場がある通り。道路の広さの割には余り車の通りはないけど、車が通るときはその車は大型車が多いような印象を受ける。
このあたりから裏に入っていくと、香港のお兄ちゃんの財布工場がある。工場というよりも低層ビルと従業員用の宿舎がある場所が囲われているって感じで、アトホームなのだ。
事務所兼工場が入った建物から路地を見おろす。ちょっと夜が怖いような路地だけど、それはそれで味があると思ってしまうのだ。
財布工場のオフィスなんだけど、私的には、どうしてこういう学校みたいな配置なのかと不思議に思うのだ。昔、私が専門学校で勉強したときの教室の配置を思い出す。
財布工場を見学させてもらう。このときはお昼休み中なので、作業を中断したままの状態なのです。
散らかっているから撮らないでくれと言われたけど無視して撮影。ちなみに、ちゃんと一日の作業が終わった後で見に行ったら、とってもきれいに片づいてました。
縫製とか一部の工程は機械がやっているけど、基本的にはハンドメイドが多い財布をつくっているみたい。
ミシン工程。
テーブルには従業員が向かい合わせで座って延々と作業をしている。規模から考えて結構人数はいるような感じがする。
テーブルの上。どういう手順で財布ができていくのかは見ていなかったけど、日本人の顧客もいるので、それなりにスキルが高い人を雇っているのだと思う。
テーブルの上の全体を撮影すると、こんな感じになる。これからもどんどんお客さんがふえればいいねと私は純粋に思うよ。
 
この日は延々と部屋の中で財布工場のホームページづくりに励んでいたんだけど、さすがに食事も食べずにやっていたので、外に出る。
財布工場近くの通りにある、路上のマーケットみたいなもの。
何でも売っているような感じ。近くにスーパーがあるけどこういうのが出るということは、こういうマーケットにも魅力があるということなんだろうね。
テントが集積しているエリアにやってきた。こちらは100円ショップで買えるような日用品とちょっと小腹がすいたときに食べるようなお菓子が多いね。
お菓子。私はいつも疑問なんだけど、補充はどうやっているのか?そこのお菓子の賞味期限は大丈夫なのか?と。――つまり、買う気になれないんですね。
こちらはナッツとかあられとかそんな感じのもの。こうやって空気に延々とさらしておくことをもはや許容できない自分がいることに気がつく。

中台両岸横断の旅 日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com