中台両岸横断の旅

2004年12月27日

中国大陸&香港編 | 台湾編 | 香港乗り継ぎ
深セン(12月24日―25日) | 長沙(12月26日―27日) | 香港(12月29日―30日)

実は来るときもここの横は通って、どうしてお土産屋さんに連れていかないんだろうと思ったけど、順路として故居を見た帰りお土産ということなんだということがわかった。
ここのシステムは、場所を間借りしてお土産を販売するというシステムなんだろうね。オフシーズンなのか、営業しているお土産屋さんはまばら。
時間があるので劉少奇の記念館へ。
記念館入り口。なかなか立派な外観だよ。
中身については、小ぢんまりまとまっていて、よかった。
中身の展示は文章や実物よりもパネルとかの方が多かった。それだけ遺物というのは少ない分野なのかもしれないし、だからこそ幾らでも伝説ができてしまうのかもしれない。
抗日戦争といった中国の歴史に関係する部分と、家族の紹介が多いね。こういう展示の手法は毛沢東記念館も同様だった。
以下、パネルの状況だけでも紹介。
彼がほかの指導者と比べて特別な部分は、きっと思想面での整備なんだなということがわかった。
この車は、調査のために劉少奇が故郷に赴いた際に乗っていた車なんだって。

中台両岸横断の旅 日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com