中台両岸横断の旅

2004年12月29日

中国大陸&香港編 | 台湾編 | 香港乗り継ぎ
深セン(12月24日―25日) | 長沙(12月26日―27日) | 香港(12月29日―30日)

香港島に移動。砂浜を歩いた後にここにたどり着いたよ。実は、どこに行ったのかわからないんだ。
一見すると近代的なリゾートチックな海岸の夜景がきれいな道を歩いているんだけど、そこに祖廟があらわれるというのが香港の楽しいところだろうと私は思う。
こんな場所なのに人がだれもいないというのがとても不思議なぐらいだよ。夜沿いの海の祖廟は海がすぐそこまで来ていて、潮騒とともに静けさが広がる。
夜景を見に行きたいとリクエストして、連れてきてもらった場所は――ビクトリアピークのさらにその上の場所。ビクトリアピークから急な坂が続く住宅地をさらに登っていくとある場所。
山の向こうから、宝石のような景色がのぞいているという感じ。決してその景色が広がっているわけではないんだ。
遠くに広がる100万ドルの夜景を見て、あの夜景はつくられているものなんだなということがよくわかったよ。これは、いろんな場所の夜景づくりの参考資料になると思うよ。
いわゆるビクトリアピークの夜景を見るポイントで夜景を見るよ。真ん中の建物が目立つので、あれをポイントにしてほかの写真も見てみてね。
100万ドルの夜景も店じまい。やっぱり観光に適した時間にはにぎやかな夜景が見られるんだろうけど、私たちが来たのは10時半過ぎだったから、光も少な目。
信じられない傾斜を登ってくるケーブルカーだよ。これでおりたことはあるけど、登ったことはない。
観光ポイントから少し坂を下ったところで見た夜景だよ。ビルの高さの位置関係が少し変わっていると思う。
実はこの傾斜で見るのも結構きれいだよ。と同時に、香港ってあんなに小さくて狭いのにこんな山を持っているんだということに驚きなんだよ。
バスやタクシーで行くとなかなかここまで行けないんだろうけど、今回はバイクだったので、かなりわがままにとまってもらえました――ありがとう!

中台両岸横断の旅 日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com