中台両岸横断の旅

2004年12月31日

中国大陸&香港編 | 台湾編 | 香港乗り継ぎ
台北(12月31日) | 金門島(1月1日) | 台北(1月2日―3日) | 高雄(1月4日―5日) | 台南(1月6日) | 高雄(1月7日)

指南宮からのバスで公館駅まで行くものがあるので、それに乗って公館駅までやってきた。切符売り場を探している。
公館駅は指南宮の最寄り駅というわけではないけど、地理感がなく言語が余り得意じゃなかったら、指南宮は公館駅からアプローチした方がいいような気がする。
(上)改札内にも入っていないのに外から駅のホームが見える設計。こういうような吹き抜けが日本にあると、駆け込み乗車がふえるような気がする。
(右)切符売り場。日本と逆で、まず値段のボタンを押してからお金を入れる。
台北の捷運の自動改札。ディズニーランドの出口みたいな感じで、バーがあって、それを前に押しやることで中に入れる。
改札のところに売店ではなくて、インフォメーションがある。捷運では飲食はしてはいけないみたいだから、多分ここには売店はないのかな。
駅のホーム。こうやって見ると、シンガポールのシティを走る地下鉄みたいだ。
台北駅にやってきた。台北駅前の大通り。
向こう側に台北駅が見えている。見えているんだけど、今だに台北駅からの電車に乗ったことがない。線路はどこにあるんだろう。
駅前にある新光三越。101が建つ前まではここが台湾では一番高い建物だったんじゃないかな。
この路地を通り抜けたことがある。YMCAに泊まったことがあるので、この辺を歩き回ったことがある。
今回の旅行でも泊まる場所にこまったら、YMCAに泊まろうと思っている。
天母に戻ってきた。駅前に待っている新光三越の用意したデパート送迎バスにただ乗りして、天母の新光三越に向かう。オープンしたばかりみたい。
ここの新光三越は、同じエリアにある高島屋と違って、少し洗練されてより日本のデパートに近くなったような気がする。  

中台両岸横断の旅 日本以外の場所へ ホームへ
qianye27@sina.com