世界の中心で叫ぶこと

2004年8月20日―2004年8月28日

予想を裏切らない、スケールの大きさは、ひたすら驚きの連続でした。
多分、世界に中心は、ここにあるような、文明の栄華と自然の驚異が融合し、人々の願いが込められている場所じゃないかと、思う。

本当は、この国にまた行くつもりは、なかったのです。本当になかった。
そして、何のために来たのかもよくわからないから、だれにも告げずに、ここに来た。
それゆえに、トルコと自分の関係とは?と大いに考えてしまった旅では、ありました。

ここが「世界の中心」と思ったのは、この当時はやっていた映画の内容に失望したから――私が世界の中心を探しに行こうと思ったため。


青い空と遺跡の旅

  • 番外編 エフェス遺跡 モノクロ世界(うまく見られない場合はこちら

空間と地形の魅惑

トプカプ宮殿


海外旅行記等の表紙へ ホームへ
qianye27@sina.com