世界の中心で叫ぶこと

2004年8月22日

8月21日 | 8月22日 | 8月23日 | 8月24日 | 8月25日 | 8月26日 | 8月28日

入口そばから、感激してました。はっきり言ってトルコに来て見たかったものは遺跡だったからです。これは、アルカディアン通りというそうです。
アルカディアン通りから中に入り、その横の小劇場のようなところへ
小劇場?。アデオンというそうですね。古いんですがユネスコ村の仮面ライダーショーの会場を思い出しました。収容人数1400人。実際には屋根をつけて使われていたとか。
小劇場からアルカディアン通りを見ているところ
(上)この辺はこの辺で十分すばらしいんですが、説明がないので何だかわからないまま撮影。
(右)上の写真よりも見劣りがするんですが、市公会堂だそうです。
結構ばらばらになった石の積み上がりが激しいところ。ばらばら過ぎてただでさえよくわかってない上に、何が何だからわからない。
奧にドミティアヌス神殿の石柱
(上)ポリオの泉だとガイドブックを読んで初めて知る。もちろん水なんてわいてません。
(右)ドミティアヌス神殿の二階建て石柱。三内丸山遺跡を思い出す威容だけど、それよりはちょっと小さいよ
多分ヘラクレスの門。ただの石柱に何かが彫られているだけ
クレテス通りを下っている。このあたりから、エフェス遺跡がどれだけすごいかということがわかってくる。
今まで見てきた方向を振り返って撮影。どうやらこういうふうに通りにある柱には照明がついていたそうですね。
驚きの後半へ。

世界の中心で叫ぶことの表紙へ 海外旅行記等の表紙へ ホームへ
qianye27@sina.com