世界の中心で叫ぶこと

2004年8月22日

8月21日 | 8月22日 | 8月23日 | 8月24日 | 8月25日 | 8月26日 | 8月28日

エフェスからクシャダスというのは近いということで、クシャダスへ向かう。尾根伝いの道を過ぎると、そこに海が見えてくる。
典型的な海水浴場。
普通に泳いでいる人もいるんですが、宗教チックな沐浴をしている人?療養目的の人?もいるのが、日本と違うところでしょうか。
(上)海沿いの道。海なし県に育ったせいか、海沿いの道という空間には縁がない私。思い思いに時間を過ごしているという空間の存在はうらやましいです。
(中)繁華街には、なぜかこうやってきれいな装飾を施した蛇口があります。
(右)繁華街の路地を歩いているところ。
サッカーウエアを見て、オリンピックの野球の結果が気になっている。ここは時差はアテネと同じなんだけど、野球の情報は全く入ってこない。
繁華街。こういうふうに店鋪が多くて楽しいですね。こういうのを見てしまうと、日本の店鋪の寂れぶりを想像できないでしょうね、トルコ人は。
日暮に見える島のような突起――これはギュウェルジン島で、要塞で張りめぐらされている。今度機会があったらいってみたいです。
(左)日暮れの道を戻るんですが、ここからバンズルマに戻るのに300キロの行程があるんです――はっきり言って無謀じゃないかと思うような日帰りの旅でした。多分、これをまねできる人って、いないだろうな?と思う。  

世界の中心で叫ぶことの表紙へ 海外旅行記等の表紙へ ホームへ
qianye27@sina.com